金沢大学の数学コースでは下記のような流れで授業と教育が行われています。授業内容をより詳しく知りたい方は,シラバスを参照してください。

下記の授業の他にも,少人数によるセミナー形式の授業(数学基礎セミナー)や 現代数学の紹介(数学展望)等があります。

数物科学類には,数学コース,計算科学コース,物理学コースの3つのコース があります。2年進級時にコースを選択しますが,定員がなく必ず希望のコースに行くことができます。

1年次

理系の微分積分学と線形代数学(微分積分学第一・第二,数学序論 I・II,線形代数学第一・第二)

2~3年次

2年次より数学コースの本格的な数学が学べます。

数学コースの微分積分学と線形代数学 (基礎解析1A・1B,2A・2B,線形空間 A・B),集合と位相(数理論理, 数学通論 A・B)

3~4年次

各人の興味によって徐々にいずれかの分野に重点を置いていくことになります。

代数
群論,環論,体論(代数学1A・1B,2A・2B,3)
幾何
位相幾何,曲線・曲面論,多様体論(幾何学1A・1B, 2A・2B, 3)
解析
複素解析,測度と積分,微分方程式,関数解析(解析学1A・1B・1C,2A・2B・2C ,3A・3B・3C,4A・4B・4C)

4年次

テーマを一つ決め,教員から指導を受けながらセミナー形式で数学を学びます。

セミナー(数学課題研究)のテーマ
整数論,代数多様体,リーマン多様体,双曲幾何学,低次元トポロジー,複素多様体,偏微分方程式,力学系,確率論 等

大学院

卒業後,大学院に進学して,さらに数学について深く学ぶことができます